おウチを建てた!

マイホームを計画して一条工務店(セゾンA)で設計~建てるところまでをブログにしました。その後は日記なんかを書いています。

購入したキャンプグッズ エアーマット編

寝袋とセットで買ったのがエアマットです。これも寝袋と同じで2つ買おうとしたのですが、ちょっとした苦労をしたのでした。

タイムセールの罠

Amazonのタイムセールはお一人様1つ限りが基本。


なので、セール価格で同じものを2つ買うことは出来ません。


とりあえず、1つを買って使い勝手を確認。気長にタイムセールをウォッチして、同じものが来たところ即ポチり!という作戦を立てました。


GWのキャンプ1ヶ月くらい前に商品を絞ってタイムセールでポチり。あとは作戦通り次のタイムセールがくるまでウォッチしよう。とAmazonをチェックしてたのですが、待てど暮らせど同じものがタイムセール対象にならない…。


やばい!キャンプまであと1週間じゃん。間に合うか!?とヤキモキしましたが、ギリギリの数日前にセール対象に!即ポチり!!


類似品に変えようかモヤモヤしましたが、無事、同じ商品で2つ用意することができました。

購入したエアーマット

で、購入したのはコチラ!


エアマットには色々種類があるみたいで、すべてエアで膨らませるもの、クッションとエア両方を使っているものがあるようですが、今回はクッションとエアのタイプを選びました。


そして厚さが3種類ありますが中間のものを選択。理由は何となくですねw

使ってみて

実際にキャンプで使用したのですが、地面は芝生でしたがゴツゴツを感じることなく快適に過ごせました。


それなりに厚さがあるので、砂利であっても石が大きくなければ問題なく使えると思います。


ただエアを入れて使うので、直接地面だとスレて穴が開いてしまいそうなので、別に敷物はひいた方がよさそう。


広げる時はエアが入る口を開いてあげれば、勝手に膨らんでいきます。足りない分は息を吹き込んで補充してあげる感じですね。


温かいところに置いておくと、膨張して勝手にいい感じに膨らみます。


しまう時はエアの口を開けた状態で、ゆっくり畳みながら空気を抜いていきます。一気に抑え込むと生地に負担がかかりそう…。


収納時も広げた時も、寝袋と同じくらいのサイズになるので、寝袋とセットにしたら丁度いい感じです。


そして、エアマットを買った理由はキャンプ以外にもあるんですが、また別の記事で書いていきますね。